« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

癒された時間

念願のクレマチスの花が満開のこの時期に
カメラ女子でこの場所を訪れることができました。

Img_9605

Img_9597

彫刻の公園と美術館を通って外にでると、
そこには色とりどりのクレマチスたちが咲き誇っていました。

Img_4139

Img_4126

Img_9614

Img_9612

Img_9616

Img_9610

Img_9625

Img_9622_2

駐車場には他県ナンバーの高級車がいっぱい・・・・・

ちょっぴり気分だけはセレブを味わったカメラ女子でした。

さてもうひとつの目的の「アルパカ」たちにも会ってきました。

Img_9647

ずっとお座りをしていたのでアルパカ君のアップをねらってみました。

この時期はちょっと暑いかも~

Img_9654

「カピパラ」君たちはとっても仲良しheart02

そして昨年世間をお騒がせしたこの方はまだ療養中でした~

Img_4155

植物と動物たちに癒された一日でした。

もちろん、このお方にも毎日癒されておりますよ~

Img_4157

プレゼント

ちょこ&みんとさんが褒めてくれたチャームは

みるくちゃんママからのお手製のプレゼントpresent

フェイクスィーツのハート型クッキーにお名前入りです。

Img_4087

こちらは先日の父の日に人間のアニキとルークからのおとうさんへのプレゼントpresent

Img_9580

おとうさんはこのバッグを背負ってどこにいくのでしょうか・・・・

ルークが入るにはちょっと無理があるかな~

Img_4114

タチアオイの花が満開のこの時期

梅雨明けも待ち遠しいね。(でも猛暑はきついで~す)

「そうだ 京都、行こう。初夏」 その2

京都での宿泊は宇多野ユースホステル

ユースに泊まるのは学生時代の北海道一人旅以来。

当時のユースというと独特の雰囲気で規則も厳しかったのですが、こちらのユースは世界各国から観光客が訪れる京都という立地でもあり、設備も新しく、まるで会社のきれいな保養所のようで快適でした。2段ベッド4人部屋もこの日は友人と2人だけでした。

Img_4051

2日目はユースのレンタサイクルで いざ嵯峨野路へ。

ユースからの道は「下り坂」

ということは、行きは楽チンでも、帰りは・・・・・

右手に見えてきたのは「広沢の池」

Img_9479

あ~ この光景は「ほぼ日新聞」の「きまぐれカメら」でよくみるブイヨンちゃんのおさんぽルートではないですか~

ブイヨンちゃんは今日は京都にはいないのかしら。

なんてことを考えながら、自転車をこいで向かった先は「化野念仏寺」

Img_9496

Img_9498

Img_4056

修学旅行生が来る前だったので人も殆どいなくて 新緑の中の仏塔のしっとりとした清涼感に心が静かになりました。

嵯峨野の竹林はそこだけ切り取られた絵画のようでした。

さてゆったり嵯峨野路めぐりに欠かせないものといえば「湯豆腐」です。

嵯峨野豆腐といえば「森嘉」、 

こちらをお店で食べることができるのがお迎えにある「おきな」です。

Img_4066

Img_4069

京都では四季を問わず「湯豆腐」が食べたくなります。

今回の京都旅行にもやっぱり「サイクリング」をしてしまいましたが、そんな我々の横を黒塗りの観光タクシーに乗った中学生をみると、時代の流れを痛感してしまいました。

残念ながら、ルークには京都のお土産がなくってゴメンね。

でも、おとうさんへのお土産の漬物を一口御裾分けしてもらったから良しとしてね~

お留守番、ありがとう~

Img_4089

「そうだ 京都、行こう。初夏」 その1

我家の男性陣にはお留守番していただいて

女友達と初夏の京都に1泊旅行に出かけました。

京都で新緑といえば、やっぱりここ牛若丸伝説の地です。

Img_9403

Img_9407

九十九折の山道を約2kmのトレッキング、雨上がりの心地よい風と澄んだ空気が

とても気持ちよかったです。

Img_9433

Img_4027

ちょっと怪しげな・・・・

Img_4026

さて山道を下って到着したところは

JR東海2011初夏キャンペーン社寺の一つ「貴船神社」です。

Img_9436

貴船川のほとりには夏の風物詩名物「川床料理」。

Img_9446

Img_9453

Img_4040

沢山歩き、おなかも満腹になったところで

叡山電車で新緑のトンネルを抜けて次の目的地「東福寺」に向かいました。

Img_4043

Img_9461

Img_9463

紅葉の季節には「紅葉の回廊」が大混雑ですが、

この季節の「緑のもみじ」もしっとり落ち着いた雰囲気を漂わせていました。

興味津々・・・・・

亀兄弟のおうちがさすがに狭くなり

広~い新居にお引越しをしました。

その新居に興味津々の我家の四男です。

Img_4083_2

Img_4084_2

折角の日除けの屋根を取り払い・・・・なんとか中の様子を覗き込もうとしています。

Img_4081_2

Img_4082_2

日光浴中の亀太郎は恐怖で手も足もでません。。。。。

Img_4078_2

きっと亀兄弟のことを「新しいおもちゃ」だと思っているようです~

「こらこら、そこにいるのは君の兄者たちよ!」な~んてこといっても聞く耳をもちません。

亀兄弟にとっては新居に移っても当然やってくる来訪者に恐怖の日々かもしれません。

雨の日のおさんぽ

梅雨のこの季節はおさんぽもさぼり気味になりがちです。

でもルークは家の中ではウ○チをしないので小雨になったのを見計らって出かけました。

雨の日ルックはこれできまり!!

Ca0tz7ht_2

なーんちゃってレスキュー犬?みたいでしょ。

Caonza0y_2

いつもはルンルンおさんぽも雨には濡れたくはないので気分はdowndown

さてそんな雨の日ならではのものにレンズを向けてみました。

Img_9351

Img_9377_3

Img_9394_2

雨の雫が新緑のハーモニーとなって輝いていました。

植物たちには雨は大切な栄養源。

プランターガーデンのピーマンとトマトもすくすく成長しています。

どれもルークの大好物です!! 

お茶ツーリズム

台風2号が接近中の日曜日、そふと研究所さん主催の「歴史!景観!ブランド茶!牧之原&御前崎 特設カフェ巡り」バスツアーに出かけました。

お天気がよければ駿河湾まで見渡せるという景観が本日は霧の中・・・・・

Img_3939_2

TVで話題の「深蒸し茶」よりもさらに長い時間蒸した「特深蒸し茶」で有名な「開拓茶農協」のお茶カフェでは全国1位の若き手揉み名人のワザ見学と手揉み体験。

Img_3965

Img_3971

Img_3954

こちらが手揉み1時間の生茶です。

Img_3960_2

ちゃんとした飲めるお茶になるには約5時間かかるそうです。

初めての手揉み体験でしたが腰痛持ちの私はすぐにギブアップでした。

次に訪れたのは静岡でいちばん早い品種の「つゆひかり」カフェ仕掛け人の「中山商店

陽気でとっても気が若いおもてなし上手な社長さんのお話を聞かせていただきました。

中でもこちらの社長さんお手製の「お茶の佃煮」は絶品。(残念ながら非売品)

Img_3988

台風の風雨が強まる中、最後の見学場所は「丸尾記念館」

御前崎市の郷土発展に尽くした丸尾家のお屋敷に調度品や貴重な文献資料が展示されていました。

Img_4003

Img_3993

お天気がよければ新緑を眺めながらの和カフェを味わうことができたのですが、ちょっぴり残念!

今日参加のツアーは単なる観光ツアーではなく、参加者の皆さんとお茶農家さんたちとの温かい触れ合いを至近距離で感じることのできるものでした。

温かいおもてなしをありがとうございました。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »